Lampadaire No.411(ランパデール No.411):Bernard-Albin Gras:DCW Editions
注文合計5,000円以上無料でお届けいたします。
  • 0
  • カートには商品が入っていません。

画像スワイプで次の画像へ
画像をクリックで拡大
Close

Lampadaire No.411

¥135,000 JPY

ル・コルビュジエが愛したフロアランプ。

在庫状況 人気商品につき要確認。
代引き: O
ラッピング: X
  • 製品について
  • デザイナーについて

Lampadaire No.411は、スチールの無骨な印象とアームの形状が魅力的なフロアランプです。1921年にデザイナーBernard-Albin Grasがデザインしたオフィス用、産業用のランプのシリーズ「The Lampe Gras」の一部です。当時、シンプルかつ人間工学にもとづいたデザインで、時代を先取りしていました。さらに、ランプには一切のビスも溶接も用いていません。1920年代以降、デザインと構造は徐々に進化していきました。20世紀の建築の巨匠、ル・コルビュジエに愛されたことでも有名です。コルビュジエは自身のオフィスで使うばかりでなく、彼が手がける世界中のプロジェクトで採用しました。また、アーティストのソニア・ドローネやジョルジュ・ブラックのスタジオでも使用されていました。その後、Bernard-Albin Grasのランプは、公共スペースと住宅の双方の場で採用される歴史上最初のランプとして人気を博しました。

この「Gras Lamp」を復刻する権利を獲得した3 人の支持者により2008 年に立ち上げ生産を始めたフランスのメーカーDCW Editions による復刻版です。

コレクション:
デザイナー出身国:
サイズ:
シェード:直径14cm x 高14cm
ベース:直径26.5cm/支柱:高105cm
アーム1:36cm~72cm /アーム2:20cm
材質:
スチール
ランプ口径:E17 60W
この商品について問い合わせる
この商品を友達にメールで紹介
Bernard-Albin Gras

(1886–1943)はフランス生まれのデザイナー。1920年代にエンジニアとして発明家として労働者の環境改善に人食しました。1921年に革新的なランプのシリーズLampe Grasを開発、安全でより使いやすい照明として大きな話題となりました。Lampe Grasはネジや溶接を使用せず、美しい構造が建築の巨匠、ル・コルビュジエを始め、多くの著名人に愛されました。

Lampadaire No.411
画像をクリックで拡大
Close
Lampadaire No.411
Close
Close

ありがとうございました!

再入荷しましたら下記のメールにお知らせをお送りします。

loading...