Kororo Stool(コロロスツール):Torafu Architects:Ichiro Design
注文合計5,000円以上無料でお届けいたします。
  • 0
  • カートには商品が入っていません。

画像スワイプで次の画像へ
画像をクリックで拡大
Close

Kororo Stool

¥26,743 JPY

跳び箱のようなフォルムの優しいスツール。

  • サイズ
  • カラー
在庫状況 3週間
代引き: X
ラッピング: X
  • 製品について
  • デザイナーについて

Kororo Stoolは跳び箱のようなフォルムが優しい印象のスツールです。 柔らかなクッションの座面の下は収納できる箱になっているので、小物やおもちゃなどが収納可能です。また、シリーズのKororo Deskに合わせてデザインされているので、一緒にお使いいただければ相性も抜群です。スッキリとしたフォルムがモダンながら、どこか懐かしさを感じる柔らかいデザインです。

ファッションブランド「ミナ ペルホネン」が2014年に発表したインテリアファブリック「dop」のタンバリン柄を使ったモデルもお選びいただけます。dopは両面モールスキンのダブルフェイスで、表が擦り切れてきたら裏の色が見えてくるという生地。長く使うと、ピンクの裏からはパープルが、イエローからはグレー、ブルーからはイエロー、グレーからはブルー、インディゴのからはグレーの生地が現れてきます。ヴィヴィッドな5色展開です。

化粧板メーカーの伊千呂は、生活空間における家具の概念を根本的に変える「生活の道具」を生み出したいという思いから、「イチロのイーロ」プロジェクトをスタートしました。「イーロ(ilo)」とはエスペランド語で「道具」という意味。プロジェクト第一弾商品の「コロロデスク」と「コロロスツール」の“コロロ”という名称も、エスペランド語で「色」を意味する“コローロ(Kororo)”という言葉から来ています。

コレクション:
デザイナー出身国:
サイズ:
SH430 : 横37.8cm x 奥行き43.4cm x 高43cm
(座面:横31.3cm x 奥行き31.3cm x 高3cm)
SH530 : 横37.8cm x 奥行き43.4cm x 高53cm
(座面:横31.3cm x 奥行き31.3cm x 高3cm)
材質:
素材ラワン合板、ホワイトアッシュ(脚)、ファブリック

・画像に使用されている装飾品などは付属しません。
・ラワン合板は自然塗料で軽く着色し、材料により表情が違い、色も様々です。パテが施してある場合、節がある場合などがありますので、予めご了承ください。
・座面をはずすと物が収納できるようになっています。中に入れる物は、5kgが限度です。
この商品について問い合わせる
この商品を友達にメールで紹介
Torafu Architects

鈴野浩一(すずの こういち)と禿真哉(かむろ しんや)により2004年に設立。建築の設計をはじめ、インテリア、展覧会の会場構成、プロダクトデザイン、空間インスタレーションやムービー制作への参加など多岐に渡り、建築的な思考をベースに取り組んでいる。主な作品に「テンプレート イン クラスカ」「NIKE 1LOVE」「港北の住宅」「空気の器」「ガリバーテーブル」「Big T」など。「光の織機(Canon Milano Salone 2011)」は、会期中の最も優れた展示としてエリータデザインアワード最優秀賞に選ばれた。2015年「空気の器」が、モントリオール美術館において、永久コレクションに認定。<

Kororo Stool
画像をクリックで拡大
Close
Kororo Stool
Close
Close

ありがとうございました!

再入荷しましたら下記のメールにお知らせをお送りします。

loading...