Ulm Stool(ウルムスツール):Max Bill:Wohnbedarf
注文合計5,000円以上無料でお届けいたします。
  • 0
  • カートには商品が入っていません。

画像スワイプで次の画像へ
画像をクリックで拡大
Close

Ulm Stool

¥38,880 JPY

時にはスツール、時にはサイドテーブル。

在庫状況 1週間
モデルによって在庫切れの場合がございます。
代引き: X
ラッピング: X
  • 製品について
  • デザイナーについて

極限までにシンプルなコの字型のスツール/サイドテーブルUlm Stoolです。どんな空間でもスツール、サイドテーブル、スタッキングシェルフ、マガジンラック、横棒を取っ手にして何かを運ぶなど、多目的な要素がデザインに集約されています。いつでもどこでも何かの使い方がある、無駄のない傑作デザインです。ナチュラルは経年変化も楽しめ、長年愛用できます。

1953年、旧西ドイツのウルムに開設された「ウルム造形大学」は、バウハウスの理念を継承する革新的な教育機関でした。1954年この大学の初代学長を務めたマックス・ビルと当時ビルのアシスタントを勤めていたハンス・ギュジョロは、学生達のために腰を下ろす何らかの道具を考えました。多目的な要素をデザインに集約し「ウルム スツール」は生まれました。無駄な機能やデザインを削ぎ落とした、まさにバウハウスの概念をそのまま受け継いだ象徴的スツールと言われています。

座面と側面の板は、強度に優れ、反りやねじれを防ぐ木工技術である「組継ぎ」という釘を一切使わない木組み工法で接合されています。脚部は強度のあるビーチ材を「相互矧(は)ぎ」という工法で接合。エッジ部が僅かに削られており、シャープなラインをより美しく魅せる工夫が施されています。横棒は「くさび細継ぎ」で接合。この部分にも丈夫なビーチ材を使用を使用しています。

Max Bill(1908 - 1994)は画家、彫刻家、グラフィックアーティスト、建築家、そして後には工業デザイナーの顔ももつマルチクリエーター。1924年から1927年にかけてチューリッヒで彫金の修業をし、その後、バウハウスでカンディンスキーやクレーのもとで学びました。バウハウスの精神を継ぐべく、ウルム造形大学設立にも尽力し、現代美術の主要コレクションにマックス・ビルの作品は欠かせない。

コレクション:
デザイナー出身国:
サイズ:
幅39cm x 奥行29cm x 高44cm
材質:
スプルース(米唐檜)、ビーチ、ビーチ
この商品について問い合わせる
この商品を友達にメールで紹介
Max Bill

Max Bill(1908-1994)は画家、彫刻家、グラフィックアーティスト、建築家、そして後には工業デザイナーの顔ももつマルチクリエーター。1924年から1927年にかけてチューリッヒで彫金の修業をし、その後、バウハウスでカンディンスキーやクレーのもとで学びました。バウハウスの精神を継ぐべく、ウルム造形大学設立にも尽力し、現代美術の主要コレクションにマックス・ビルの作品は欠かせない。

Ulm Stool
画像をクリックで拡大
Close
Ulm Stool
Close
Close

ありがとうございました!

再入荷しましたら下記のメールにお知らせをお送りします。

loading...