Maija(マイジャペンダントランプ):Ilmari Tapiovaara:Santa & Cole
注文合計5,000円以上無料でお届けいたします。
  • 0
  • カートには商品が入っていません。

画像スワイプで次の画像へ
画像をクリックで拡大
Close

Maija

¥135,000 JPY

美しく重なる光。

在庫状況 1週間
代引き: X
ラッピング: X
  • 製品について
  • デザイナーについて

Ilmari Tapiovaaraが1955年にデザインしたMaijaペンダントランプです。オリジナルのテーブルランプをリエディットし、LEDでペンダントに仕上げたニューバージョンです。透過性のホワイトガラスから漏れる光が美しい光のニュアンスを演出します。縦に重なるプレートから漏れる光、中に覗く真鍮製のパーツが美しい一体感を持つ、フィンランドデザインの傑作です。

フィンランドの機能主義に基づき、優美でしっかりとした構造が、バルト海の灯を感じさせます。フォルムは"みつばちマーヤの冒険"を連想させ、Mayaがネーミングの元となっています。1955年の発売から人気のあったMajiaは、フィンランドの巨匠Alvar Aaltoに次いで初めてのインダストリアルデザイナーのヒット作となりました。

Ilmari Tapiovaara(1914-1999)はフィンランド生まれのデザイナー。戦後のモダンムーブメントの中で、数々の傑作を生み出した国民的なデザイナーです。

コレクション:
デザイナー出身国:
サイズ:
直径30cm 高さ27cm
コード長最大300cm
材質:
メタルランプシェード(マットホワイト塗装)、真鍮フレーム、乳白色ガラスディフューザー
重量: 2.9kg
E26 電球形ハロゲンランプホワイト 60Wタイプ × 1
ワイヤー調整具付、簡易取付仕様対応可(別売、詳細はお問い合わせ下さい。)
*取り付けには、電気工事が必要となります。
この商品について問い合わせる
この商品を友達にメールで紹介
Ilmari Tapiovaara

Ilmari Tapiovaara(1914年9月7日 - 1999年1月31日)は、フィンランドの家具デザイナー、インテリアデザイナーである。木を使った作品が多い。アルヴァ・アールトやル・コルビュジエに師事しデザインを学び、椅子や机などのデザインを中心に様々な方面でのデザインを務めた。有名な椅子の一つにドムスチェアがある。これは1947年にヘルシンキの学生会館、ドムス・アカデミカのために彼がデザインしたものである。

Maija
画像をクリックで拡大
Close
Maija
Close
Close

ありがとうございました!

再入荷しましたら下記のメールにお知らせをお送りします。

loading...